スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.08.14 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    蛸薬師堂 外はガヤッと、中はシトッと。蛸焼きではありません。

    0
      蛸薬師堂
      JUGEMテーマ:京都の寺社仏閣


      壬生さんからバスで河原町へ。ちょっと服でも見ていくか?
      と思ったが「蛸薬師堂」に吸い込まれていきました。

      続く↓
      浄土宗西山深草派の寺院
      正式名は「浄瑠璃山林秀院永福寺」

      山号:浄瑠璃山
      院号:林秀院
      開基:林秀
      本尊:蛸薬師如来
      創建年:養和元年(1181年)
      通称:蛸薬師堂

      洛陽四十八願所地蔵尊の第33番

      ここ面白いんです。

      手水所

      こちら手水所。
      ・・・が、弁天様の御神水と言う事で
      「薬師の泉」と呼ばれているそうです。

      病に苦しむ人がこの水で体や家の周辺を清めると
      御利益があるそうです。

      龍がかなり格好いいですね。

      本堂

      こちら本堂。

      昔、「林秀」という富豪がおりまして。
      比叡山は根本中堂の薬師如来を深く信仰していたと。
      長年かけて「月参り」を続けていたが老年になり体が厳しくなり
      とある日、薬師如来の前で・・・
      「年老いて年来の月参りも出来なくなります。
       どうか薬師如来様のお姿を一体お与え下さい。」
      と祈願いたしました。

      ・・・その晩、薬師如来が枕元に現れ
      「昔、伝教大師(最澄)が、私の姿を石に彫り、
      比叡山に埋めている。これを持ち帰るがよい。」
      とのお告げ。

      早速、その場所を掘ると・・・見事立派な石の御尊像を獲得。
      この御尊像をこの尊像を持ち帰り、
      六間四面のお堂を建立し永福寺と名付けましたのが、
      蛸薬師堂の始まりだそうです。
      (蛸薬師堂HPより)

      なで蛸

      はい!こちら見所!
      「なで蛸」
      一般的に撫でるのは「賓頭盧尊者像」(びんづるそんじゃ)

      先日撫でさせてもらいました → こちら

      これが「蛸」ときました。
      びんづる様は体の悪い部分を「撫でる」ですが
      こちらは蛸ですのでどうするかと言いますと
      ・・・左手で撫でるだけで全ての病が癒される!
      そうです!すごい蛸様です!

      蛸薬師如来の由来は・・・
      善光と言う僧がこの寺にいたそうです。
      ある時、母が病気になり寺に迎えて看病していましたが、
      一向に病はよくならなかったそうです。

      母は「子供の頃から好物だった蛸を食すれば病が治るかもしれない。」と。
      善光は僧侶の身で、蛸を買いに行くことを躊躇しておりました。
      しかし病弱な母のことを思うといてもたってもいられず
      箱をかかえて市場に出かけ蛸を買って帰りました。

      これを見た町の人々は僧侶が生魚を買った事に不審を抱き
      善光のあとをつけて寺の門前で箱の中を見せるようにと彼を責めました。

      善光は断ることも出来ず一心に薬師如来様に祈り
      「この蛸は、私の母の病気がよくなるようにと買ったものです。
       どうぞ、この難を助け下さい!」
      箱を開けると蛸はたちまち八足を変じて
      八軸の経巻となり霊光を四方に照らしました。

      この光景を見た人々は皆合掌し「南無薬師如来」と称えると不思議なことに
      この経巻が再び蛸になり門前にあった池(今の御池通の由来となった御池)に入り
      瑠璃光を放って善光の母を照らすと病気はたちまち回復しました。

      それ以来蛸薬師堂の蛸薬師如来様と称されるようになり
      この地で病気平癒を祈れば身体の病だけでなく心の病もたちまち回復し
      子を望めば生じ、財を願えば叶い、嘉吉元年(1441年)に、
      後花園院の天聴に達し勅願寺となりました。(蛸薬師堂HPより)

      との事。

      また、付近に水澤があったので水上(みなかみ)薬師または
      澤薬師(たくやくし)と呼ばれ、これがなまってタコ薬師と
      なったという一説もあるようです。

      愛染明王

      こちら「愛染明王」。
      「恋愛・縁結び・家庭円満」の御利益が。

      不動明王

      こちら「不動明王」。

      阿弥陀堂へ

      本堂の右側に阿弥陀堂への入り口が。

      雰囲気良いです

      雰囲気が京都らしいと言いますか・・・。

      蛸です

      こちらにも蛸が・・・タコでしゅ。

      ミニ鐘楼

      こちらは阿弥陀堂前のミニ鐘楼。
      「戻り鐘」は良くないとされております。
      鐘は参拝前に身を清める物。
      作法であります。

      カメラ親父

      おっと!
      参拝前にワンパンチ。
      当然、一枚頂く前にお参りするのは当然ですよ。
      心得ております。

      一枚頂くのは
      常に仏様、神様を身近に感じたい為。
      心にも画像にも・・・。

      阿弥陀堂

      こちら阿弥陀堂。
      こんな少し奥まった所に静寂なこんなスポットがあるとは。

      お買い物でお疲れの場合に如何でしょうか?

      雑踏の中に・・・

      新京極の雑踏の中一歩踏み込むと
      この様なスポットがあります。
      京都・・・奥が深いです。
      知っているのと知っていないのでは雲泥の差。

      蛸薬師堂は昔より寺内に一歩踏み入れただけでも
      蛸薬師如来さまのご加護があると言われておりますから・・・。

      ビバ!気軽にこのタコッ!と呼べなくなった!


      より大きな地図で ブログ「それでも明日はくる」寺社仏閣+城 を表示

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.08.14 Sunday
        • -
        • 23:30
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << March 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM